歯科衛生士

歯科衛生士の資格と仕事

歯科衛生士

高齢化が進み、これからの医療は「治療」から「予防」だと言われる現在、虫歯や歯周病の予防に関して歯科衛生士はなくてはならない存在となっています。

歯科医師の指導のもと、歯石や歯垢を除去するなど、虫歯や口腔疾患の予防処置を行います。また、診療器具の準備やカルテの管理など歯科医療全般の補助を行います。

歯ブラシの正しい使い方や歯磨きの方法といった保健指導も仕事のひとつ。歯科衛生士は単なる歯科医師のアシスタントではなく、高齢社会で必要とされる「お口のケアのスペシャリスト」ともいわれています。

●歯科衛生士の待遇
歯科衛生士の活躍の場は歯科医院内だけと思われがちですが、社会の高齢化に伴い、老人ホームや老人保健施設、通院が困難な方の自宅を訪問して歯のケアを行うなど、福祉分野へも広がっています。

歯科衛生士の平均年収は362万円(厚生労働省「賃金構造基本統計調査より)
平均月収:25.6万円で勤務する医療機関によって収入の幅も250万円~450万円と開きがあります。