歯科技工士

歯科技工士に資格と仕事

歯科技工士

歯科医師が採った歯型を元に、義歯や差し歯、金冠、矯正装置などの製作、修理などを行います。現在の歯科医療では、歯並び、かみ合わせのバランスを考えることが全身の健康にとって重要といわれ、歯の形や歯並び、歯の色などに対する審美的な要求も多い。歯科技工士は、近代歯科医療に欠かせない存在です。


歯科技工では、芸術的な意味での技術(ワザ)よりも、科学的な知識に裏打ちされた丁寧で正確な技術が要求されます。入れ歯や冠などの義歯は生体の一部となる人工物(人工臓器)ですから、生体に害のない衛生的な製作物でなければなりません。そのためには知識も技術も『精確』(精密で確かなこと)なことが重要となります。


●歯科技工士の待遇
歯科技工士の活躍の場は、診療所や技工所、材料メーカーなどが代表的で、経験を積んでから独立して歯科技工所を開くといったケースもみられます。

歯科技工士の平均年収は464万円(厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)
平均月収:32.9万円 収入幅:250万円~550万円