理学療法士 作業療法士

理学療法士と作業療法士の資格と仕事

理学療法士

医師の指示のもと、身体に障害のある人に対して機能回復を促し、自立生活への手助けをする。いずれもリハビリテーション医療において中心的な役割を担っています。

理学療法士は歩行や車イスの訓練、治療体操などの運動療法や、電気療法、マッサージ療法などを行います。

作業療法士は、陶芸、手芸、園芸、工芸などの作業を通じて、心身の障害を回復に導く。このほか、リハビリ医療に携わる仕事として、言語聴覚士、視能訓練士などもあります。

理学療法士の国家試験を受験するためには、文部科学大臣指定の学校、または厚生労働大臣指定の養成施設で、3年以上の課程を修了することが必須。
養成機関は4年制大学、3年制短大、専門学校(3・4年制)など。


●理学療法士や作業療法士の待遇
医療機関に就職した場合の初任給22万円前後が相場のようです。
働く場は病院、リハビリテーションセンター、老人保健施設、障害者福祉施設、訪問看護ステーションなど幅広い。常勤職員としての雇用が多いが、訪問リハビリなどのケースではパートでの雇用もある。