音楽療法士

音楽療法士の資格と仕事

音楽療法士

認知症、自閉症などの障害や、精神的なダメージを負った人たちに対して、音楽を通して心理療法を行う。音楽を聴かせたり、一緒に歌う、楽器を演奏するなどして気持ちをリラックスさせ、人の心を癒す。職場によっては、医師や言語聴覚士、作業療法士らとの連携が必要になる。

音楽の基礎知識やさまざまな楽器の基本的な演奏技術のほか、心理学・音楽療法の知識と実技。
資格は必須ではないが、取得が望ましい。
日本音楽療法学会や国立音楽院が設けている資格があります。


●音楽療法士の待遇
音楽療法が行われている場は、老人ホーム、障害者施設、養護施設、病院など。
ニーズが高まっている職種だが、常勤での採用は少ない。
音楽療法を実施するNPO法人やサークルに所属して活動するパターンがほとんど。

フリーランスで活躍する音楽療法士は、さまざまな施設に出向いて音楽療法を行っています。
福祉施設などでセッションを行う場合1回あたりの報酬 1,500円~1万円程度