ビニールトンネル

 

ビニールトンネルの設置方法

十勝の春は、気まぐれです。
20度以上の日もあれば、霜が降りる朝もあります。

そこで重要なのが、ビニールトンネルです。

 

ビニールトンネルのメリット

・霜の害や、強風による風害から作物を守る

・日中の温度を上昇させ生育が早まる

・雑草の種などが定着するのを防ぐ

 

注意すべき点

・晴天の日中は、気温が上がり過ぎるので、ビニールの裾を開閉して空気を入れ替え、気温を下げるようにする必要がある。 さもないと作物が焼け死んでしまう

・夜は、閉め切っても外気との温度差が1~2度程度しかないので、氷点下になる場合には、 別に毛布や防寒シートを被せる必要がある

 

ビニールトンネルの作り方

ビニールトンネルの設置方法

はじめにビニールマルチを敷き、作物を植えておきます。

ビニールマルチは、地温を高めてくれるので、寒い時期には作物の生育にとても有効です。雑草が生えるのを防いでくれる効果もあります。

ビニールトンネルを行う場合には、ビニールマルチも併用すると良いでしょう。

ビニールマルチの幅に合わせた支柱をモームセンターなどで購入し、土に差し込んでいきます。間隔は、 40cm~60cmくらいが良いでしょう。

それぞれの支柱が真っ直ぐに並ぶようにし、高さもそろえましょう。

ビニールトンネルの設置方法

ホームセンターや園芸店で、いろいろなビニールトンネル用のビニールが売られていますが、少量のものは、割高です。

ここ数年は、上記の写真のようなロール状のものを使っています。
めちゃくちゃ割安ですよ!

あなたも探してみてください。1本で数年間使えます。

ビニールトンネルの設置方法

ビニールを支柱に固定する方法として楽なのが、上の写真の専用固定具です。支柱と同じ場所に並んで売られています。

この固定具で、支柱の一方の端にビニールを固定し、全体にビニールを被せます。

ビニールトンネルの設置方法

ビニールのロールを切り離す前に重石として置いておきながら、各支柱の地面近くに固定具を付けていきます。

この固定具は、下半分だけを外せるようになっており、換気をしやすくなっています。

ビニールトンネルの設置方法

気温が高くなってきたら、ビニールトンネルの上部に直径10cm程度の穴を開けます。気温の上昇とともに、 この穴をどんどん大きくして、温度調節をしていきます。



 <<< 前に戻る  ←  このページ  →  続きを読む >>> 

 

→→→楽天市場で、【送料無料】格安耕運機を探す

→→→楽天市場で、【送料無料】格安草刈機を探す

ホンダ耕運機でオリジナルプレゼント ホンダ耕運機ピアンタにプレゼント付き

着るだけダイエット下着シェイトブ ShaToBuを格安販売中