猫のポーズで肩甲骨を刺激して姿勢を正す

身体の能力として、損傷したり具合が悪くなったところを修復して通常の健康状態に戻ろうとする恒常性が備わっています。 ヨガによる呼吸法にはそうした自然治癒力を引き出す作用があるのです。

筋肉や関節が柔軟であれば、身体の多少のゆがみは時間とともに元にもどります。しかし、筋肉や関節がこわばっていれば、 ゆがんだ形が元に戻らなくなってしまい、変形した状態で定着してしまいます。

ヨガを行うとその呼吸法が自律神経に作用して全身をリラックス状態にします。 そしてヨガのポーズによって筋肉の緊張と弛緩を繰り返すと筋肉のこわばりがほぐれ正常の状態に戻りやすくなるのです。

「ねこのポーズ」は日常生活ではなかなか動かすことのできない肩甲骨を緩める動作があり、萎縮した肋骨や肺も開くことができます。 1ヶ月ほど続ければ、自然と背骨が伸び、姿勢の悪さが原因による眼精疲労などの目のトラブルも軽減します。