コンニャク温湿布で自律神経の機能向上

低体温に悩む人が増えているのは自立神経のバランスが崩れていることが原因のひとつと考えられています。「コンニャク温湿布」 は冷えた身体を効率よく暖める方法として最適です。

ゲル状のコンニャクは、分子間に熱を蓄えて逃がさないため、高い保温効果があります。湿り気があるのもポイントで、 このような熱は身体の芯までじわじわと浸透します。
手浴、足浴は全身をあたためる効果があるといわれますが、 体温管理のセンサーである手や足を暖めすぎると逆に身体の中心部は冷えてしまいます。
しかし、身体の中心部である腹から温めると全身を均等にあたためることができます。

腹部をあたためると副腎の働きが活発化するため、交感神経、副交感神経の両方に働くホルモンの分泌を促進します。結果、 自律神経全体の機能がアップし、眼精疲労等が改善されるのです。