自律神経のバランスを修正

ドイツの精神医学者シュルツが考案した「自律訓練法」は7つの「公式」から構成されています。 基本的には医師の指導をもとに自己暗示をかけて自律神経のバランスをとることを目的としているものですが、自分自身で行うこともできます。 その場合は公式2までで十分です。

精神の安定した状態を公式0とし、公式1「両手と両足が重くなる」、公式2「両手と両足が温かくなる」と、自己暗示をかけていくことで、 意識的に副交感神経の働きを高めて身体のリズムを調整することができます。暗示を終えたら消去動作(催眠状態から目覚めるための動作) を必ず行ってください。

最初はなかなか感覚がつかめませんが、 リラックスして気分のいい状態を思い浮かべるだけでも十分に自律神経のバランスを調整する効果があります。
「自律訓練法」は注意力や集中力をアップさせる効果もあります。慣れればどこにいても短時間で行う事が可能になります。

<自律訓練法の公式>
公式0 気持ちがとても落ち着いている
公式1 両手両足がとても重い
公式2 両手両足がとてもあたたかい
公式3 心臓が規則正しく打っている
公式4 楽に呼吸ができている
公式5 おなかがとても温かい
公式6 ひたいが涼しくて気持ちいい