顎関節のズレをとる「あご押し足踏み」

側頭筋からマッサージを始め、次にあごを押さえて膝を曲げる運動を行うだけで不快症状が改善されることがあります。それだけ「あご」 が全身に与える影響は大きいのです。

大人で6~10kgあるとされる頭を支えているのは、「首の骨2点だけ」と考えられてきましたが、奥歯(大臼歯)の2点も関与しています。 合計4点で頭は支えられているのですが噛みあわせに異常が生じると奥歯で頭部を支えることができなくなります。 4点で支える状態と異なり不安定となりますので、バランスが悪く、無駄な部分に力が入ってしまいます。 これが原因で血行障害のほか精神的にも不安定になるといった悪影響が出てきます。

「あご押し足踏み」は顎関節のズレを調整し、左右を均等にする方法です。口腔外科でも難しいとされた治療が過程でもできます。