「割り箸かみ」で簡単かみあわせチェック

割り箸を一膳用意します。このどこにでもある割り箸がかみ合わせ確認の「検査器具」であり、それを直すための「治療器具」になります。

まず、割り箸の真ん中あたりを噛んで、鏡を見ましょう。割り箸が水平なら正常ですが、左右どちらかに傾いているのであれば、 かみ合わせに異常があります。かみ合わせのずれによる顔の傾きを肩で調整してしまうため、 肩のラインは割り箸と反対方向に傾いているでしょう。

次に割り箸の中央に線を入れ、その線が口の真ん中にくるように噛んでください。 割り箸の線の上下で前歯の位置がずれていれば噛み合せが斜めに傾いています。噛みあわせが斜めに傾いているこの場合は、 左右のずれも伴っています。

中央に線を入れた割り箸を水平にして、前歯の中央ラインと合うように調整して噛んでみましょう。 犬歯のあたりで噛むようにあごを調整するとうまくいきます。この状態が正しい噛みあわせです。 この割り箸によるあごの調整を1日3分以上行うことで、あごの筋肉に正しい噛みあわせを覚えさせることができます。