「耳ツボ刺激」は手軽にできて効果抜群

耳は母親の胎内にいる赤ん坊にたいへんよく似た形をしています。ですから、身体のどこかに不調が生じると、 そこに対応した耳の部位に必ず反応が現れるのはもっともなことでしょう。この反応の部位を押す、もむ、こするなどすると、 痛みやしこりも消えて体の不調も回復していきます。

「耳ツボ刺激」は、約2000年前に書かれた中国の医学書にもその記載があるほど、歴史ある治療法です。人間には12本の経絡 (東洋医学による生命力の通り道)があると考えられていますが、耳にはその12本の経絡すべてが通っているうえ、 110個ものツボがあることもわかっています。

耳ツボ刺激の効果をアップするためには、「あたたかい手で行う」ことがポイントです。手が冷えている場合は、両手をこすり合わせるなどして、 手の温度を上げてから行ってください。また、楊枝、ヘアピン、インクの切れたボールペンなどで刺激してもOK。
つついたときに、強く痛みを感じる点がツボで、ツボを見つけたらそのまま刺激を続けましょう。