「口開け体操」があごのゆがみを解消する

歯が抜けたまま治療説にいると、徐々にかみ合わせがずれ、あごがゆがんできます。また、 やわらかい物ばかり食べているとあごの筋肉が弱りゆがみの原因となります。

緊張すると無意識に歯を食いしばるものです。このとき、あごの右側だけ、左側だけにかみ締めるなど、偏りのある癖のある場合、 偏った筋肉の緊張を生じさせ、あごのゆがみに繋がってしまいます。左右の側頭部にある側頭筋、あごにある咬筋といった咀嚼筋群が緊張すると、 全身の骨格筋までその緊張が広がります。その筋肉の緊張から生じたゆがみが目のトラブルや頭痛、肩こりの原因になるのです。

咀嚼筋群を伸ばし、リラックスさせる「口開け体操」は、全身の骨格筋の緊張をほぐし、不快症状が改善されます。