骨盤のゆがみが引きおこす症状をチェック

視力低下や頭痛の原因に骨盤のゆがみがあることを不思議に思われるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、 骨盤のゆがみによる深い症状や疾患は以外に多いのです。

人間の体の重さは左右非対称です。血液が大量に流れ込む臓器である肝臓の偏りのため、右側のほうが重いのです。

このような重さの不均衡で骨盤はゆがみやすいのですが、骨盤が多少ゆがんだところで、種々のトラブルの引き金にはなりません。

問題は骨盤のゆがみによって背骨がゆがむ場合です。背骨がゆがむと脊椎を走る自律神経や血管が圧迫されて、 その障害が全身に及んでしまいます。近眼、老眼といった目のトラブルや、頭痛、鼻炎、耳鳴り、肩こり、首痛、動悸、息切れなどのほか、 イライラや不快感なども引き起こされてしまいます。

あなたの骨盤は大丈夫ですか?以下のチェックテストで変形、変位の有無をチェックしましょう。

■軽度
座りっぱなしの状態から立つと腰が痛い
よくつまずく
寝つきがよくない
肌が荒れている
靴底の減り方が左右で異なる
疲れがないのにあくびが出る。


■中度
顔を洗うと腰が痛い
ガニマタである
目がかすむ
電車ではドアによりかかる
年齢のわりに白髪が多い
肩こりにより頭痛がする
食事の好き嫌いが激しくなった
椅子に座るとき、足をからませたくなる


■重度
仰向けで眠れない
首が傾いている
セックスのときに局部が痛む
椅子に座るときは足を組まないと痛い