「揺らぎのポーズ」によって背骨をのばす

背骨のゆがみの有無を簡単にチェックする方法を紹介します。両手を肩の高さまで左右にまっすぐ広げます。次に手の高さを変えず、 前方でパンと手のひらを合わせてください。このとき、両方の手のひらが同じ位置で重なれば体のゆがみはありません。 右手のほうが上なら背骨は左側、左手が上なら右側にゆがんでいることになります。

身体の中心線となる背骨は左右対称であることが正常ですが、生活習慣等によって、左右非対称になってしまいます。たとえば、 右利きの場合は、右腕の筋力が強くなるため、背骨が引っ張られ、右に傾いてしまいます。 この状態が長く続くとゆがんだ背骨が通常の姿勢として定着してしまいます。

ヨガの「揺らぎのポーズ」は風に揺られる稲穂をイメージしています。筋肉をリラックスさせ、背骨のゆがみを解消する効果があります。 左右1回ずつおこない、やりにくさを感じた方向をもう一度行ってください。