目の簡単ストレッチで視力を回復!

パソコンモニター等、近くのものばかり見つづけると、目のレンズの役割を果たす水晶体の厚さを調整する環状の筋肉「毛様体」 に負担がかかります。

そのため、水晶体の厚さの調整が困難になり、遠くのものが網膜で像を結べなくなってしまいます。遠くのものが、 ぼんやりとしか見えなくなる理由がこれです。この状態がつづくと、目は近くのものにしか焦点を合わせることができず、 近視になってしまいます。

さて、スポーツ等で体を動かしたあとは、疲労した筋肉を戻すために調整体操(ストレッチ)をしますが、目にもストレッチは必要です。 「目を休める」とは目をつぶることだと考えてしまいますが、目を閉じても角膜の表面を涙で潤うだけです。 ほんとうの意味で目を休めるためには、ストレッチで収縮した筋肉を元の状態に戻す必要があります。

そこで考案されたのが「日の簡単ストレッチ」です。方法は実に簡単。右手か左手の親指の爪の中央に、ペンで直径3~5mの「C」 のマークを書けば準備OK!。視力検査の「ランドルト環」のマークです。爪を汚すことに抵抗があるなら、小さなシールに「C」 を書いて爪に貼ればよいでしょう。メガネやコンタクトレンズは、はずして行います。
「目の簡単ストレッチ」を1回につき3分、これを1日3セット行えば、早い人は1週間くらいで効果がでてきます。

 

準備
 親指の爪の中央にペンで「c」のマークを書く(直径3~5mm)。マークを書いたシールを貼ってもOK。乱視の場合、 マークがぶれて切れ目が見えにくいので、切れ目の向きを見やすいほうにする。

1. 親指を立て、顔の中央で目の高さに保つ。両目で「C」の切れ目をじっと見つめながら、「C」 のマークの韓郵がぼやけて見えるところまで近づける(目の前約10cm)。

2. 「C」の切れ目を見つめたまま、腕を伸ばして可能な限り遠ざける。

※近視の人は近づけるときのスピードをゆっくりに、遠ざけるときのスピードを早くする。遠視や老眼の人はその反対に。