飛蚊症を改善する中国秘伝の「目の3点ツボ刺激」

飛蚊症には大きく分けると次の3種類があります。

1生理的理由
生まれつきのもので、誰でも感じることはあるが特別心配する必要はない。

2老化によるもの
老化による硝子体の変化が原因。60代でほぼ半数、70代となると大半の人に生じるため心配はない。

3病的な飛蚊症
網膜からの出血が眼底に及んだもの(硝子体出血)や、ブドウ膜炎などの病気が原因で飛蚊症の症状が引き起こされているケース。 適切な治療をしなければ、網膜はく離にまで悪化し、失明の危険があるので要注意

飛蚊症のほとんどが1か2ですが、万が一のために眼科で検査を受けて3の病的な飛蚊症でないことを確認しましょう。

1や2のタイプであれば、「目の3点ツボ刺激」を試してみましょう。1や2の飛蚊症の場合、これといった治療法は存在しないのですが、 「目の3点ツボ刺激」によって、症状が軽減したり全く気にならなくなる場合があります。よく効きますが、強く押したり、 長時間押すことは絶対に避けてください。

<目の3点ツボ刺激の方法>
1. さん竹
両手の親指の腹をさん竹のツボにあて、残りの指は写真のように頭に当てる。そのまま少し力を入れて1分押す

2. 四白
両手の人差し指と中指をそろえ、 小鼻の両脇にあて中指だけを離す。そのまま力を入れて1分押す

3. 太陽
両手の親指の腹を左右のこめかみ(太陽)にあて、残りの指は写真のように頭にあてる。そのまま力を入れ、1分間押す。